コインチェックの手数料徹底解説!取引・入出金でかかる費用を比較

国内最大級の取引量を誇るコインチェック。豊富な通貨、使いやすいアプリ、充実したサポートなど、多くのメリットがある一方で、取引手数料や入出金手数料はどうなっているのでしょうか?

本記事では、コインチェックの手数料体系を徹底解説します。取引手数料、入出金手数料、その他の手数料をそれぞれ詳しく見ていきます。また、手数料を抑えるためのポイントも紹介するので、コインチェックを賢く利用したい方は必見です。

 

目次

  1. コインチェックの手数料体系
  2. 取引手数料:スプレッドとメイカー・テイクー
  3. 入出金手数料:日本円と暗号資産
  4. その他の手数料:送金手数料、返済手数料など
  5. 手数料を抑えるためのポイント
  6. まとめ

 

1. コインチェックの手数料体系

コインチェックの手数料体系は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 取引手数料:仮想通貨の売買時にかかる手数料
  • 入出金手数料:日本円や暗号資産を入出金する際にかかる手数料
  • その他の手数料:送金手数料、返済手数料など

 

2. 取引手数料:スプレッドとメイカー・テイクー

コインチェックの取引手数料は、スプレッドとメイカー・テイクーの2種類で構成されています。

  • スプレッド:買値と売値の差額
  • イカー・テイクー:注文の種類によって異なる手数料

スプレッドは、取引量や市場の状況によって変動します。メイカー・テイクーは、以下の通りです。

  • イカー手数料:新規注文を出す際に発生する手数料(0.005%~)
  • テイクー手数料:既存の注文に対して取引が成立する際に発生する手数料(0.005%~)

イカー手数料は、市場に流動性を提供する注文を出す際に発生するため、テイクー手数料よりも低く設定されています。

 

3. 入出金手数料:日本円と暗号資産

コインチェックの入出金手数料は以下の通りです。

  • 日本円
    • 入金手数料:無料
    • 出金手数料:1回あたり407円
  • 暗号資産

日本円の出金手数料は、1回あたり407円と比較的高額です。一方、暗号資産の送金手数料は、通貨によって異なりますが、比較的低額に設定されています。

 

4. その他の手数料:送金手数料、返済手数料など

コインチェックには、上記以外にも以下の手数料があります。

  • 送金手数料コインチェックユーザー間で暗号資産を送金する際に発生する手数料(無料)
  • 返済手数料:貸暗号資産サービスを利用した際に発生する手数料(年利5%~)

送金手数料は、コインチェックユーザー間であれば無料です。返済手数料は、貸暗号資産サービスを利用した際に発生する金利となります。

 

5. 手数料を抑えるためのポイント

コインチェックの手数料を抑えるためには、以下の点に注意しましょう。

  • スプレッドが小さい時間帯に取引する
  • イカー注文を出す
  • 日本円の出金回数を減らす
  • 貸暗号資産サービスを利用しない

スプレッドは、時間帯によって変動します。一般的に、夜間や早朝はスプレッドが大きくなる傾向があります。メイカー注文は、テイクー注文よりも手数料が低いため、積極的に利用しましょう。

日本円の出金回数を減らすことで、出金手数料を抑えることができます。貸暗号資産サービスを利用すると、返済手数料がかかります。利用する場合は、金利をよく確認してからにしましょう。

 

6. まとめ

コインチェックは、豊富な通貨を取り扱う国内最大級の仮想通貨取引所ですが、取引手数料や入出金手数料は決して安くはありません。手数料体系を理解し、上記のようなポイントを抑えることで、賢く利用することが重要です。

コインチェックを始める前に、手数料体系をよく確認し、自分に合った取引所かどうか判断しましょう。